読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LA LA LAND

ハリウッドで女優志望とジャズピアニストが恋するおはなし。

夢追い人を応援!みたいな。

高校生とかが見て、おわー!夢!完全に追います!!みたいにテンションが上がる分にはとても良い映画。

が、20も後半に差し掛かって、夢追ってんならひとつやふたつぐらい成し遂げとかないと、な年頃の人が見て、やっぱり夢追わないとね!とか言ってんなら世話がない。

冒頭の高速道路のシーンだけはやたら力入ってておおお!と思うけど、他のところは大体マジックアワーの絵の強さだけでごり押してる感じがしてHmmm...

話の流れ雑じゃね?大根役者じゃなかったん?5年でいろいろ起きすぎやん?

アカデミー賞で総なめらしいんだけど、どこのどの辺が超ナイスなのか説明してくれる動画がほしい。

ジャズは客と奏者が殺しあうぐらいじゃないと!とか吉野家コピペみたいなこと言ってるジャズピアニストが、結構普通のピアノ弾いてるんだけどいいの?

パーティーのシーンとかが本場のパーティー力を感じて、ほえーこれが本場ですか…という気持ちになる。

なんかもうビョークが汽車のリズムとか工場の機械のリズムとかでミュージカルやっちゃうと、もうなにもが霞んで見えてしまわんこともない。