読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スワロウテイル人工少女販売処

ハードなラノベ、ソフトなSF。

セックスすると死ぬ病気が流行りました。だから男女で分けて済むようにしました。各自治区には、異性の代わりとして人間に限りなく似せて作った人工妖精をばらまきました。みたいな世界。

いくら犯人殺しても同じ手口の殺人が起きるんだけど…っていうSFサスペンス。

出てくる装置とか考え方とかかなりSFなんだけど、出てくるキャラとかネーミングとかのセンスが完全にラノベ。あたらしい。

アニメ化すると最高に映えると思う。

だってロリババア博士と、五等級の水気質<<アクアマリン>>人工妖精<<フィギュア>>と、正体不明のなんでも知ってる全能抗体<<マクロファージ>>だぞ。最高か。

決定論が明らかになったからそれを打ち破るべく宇宙に最強の人工知能を送ったんだけど、ヤバい報告<<エンケラドゥスレポート>>持って帰ってきそうだったから撃墜とかわくわくが止まらない話がてんこ盛り。良い。

ただ、説明ぶっ飛ばして話進めて、後からあの時のテーマはこんなんでしたとか、全然伝わってこん意味深な発言させて後からあの時の意味はこんなんでした。みたいな書き方がめっちゃ多いので読みづらい。

メガフライホイールとかいうばかでかいフライホイール作ったからエネルギー問題解決しました!って書いてあるけど、フライホイールで発電できる仕組みが全くわからん。フライホイールて運動エネルギーで蓄えとく電池でしょ?

ギミックはエモいがもうちょっときちっと説明してくれてもいいと思う。

重心の釣り合い取るために反対側に全く同じ構造作りました。とか。重心は低ければ低いほど転覆しないやん?